メタボの予防と対策

メタボの予防と対策

メタボになる主因は生活習慣の悪化によって引き起こされます。特に、肥満がその原因となります。このため、メタボ対策には、食生活の改善、運動不足の改善、甘い物など嗜好品の節制が必須となります。
メタボを予防するためには、まず、食事管理、次に適度な運動、禁煙と節酒と言われています。
まず、食事を見直すとともに、運動不足を改善し、禁煙を実行して飲酒を控えることがメタボを予防し、健康への近道となります。
生活習慣病は自覚症状の無いことが多く、気づいた時にはすでに病状が進行してしまい、重篤な症状となって初めて、生活習慣病が判明することがあります。
特に、糖尿病は、失明や手足切断などの重大な障害が残ることもありますし、虚血性心疾患や脳卒中は、最悪の場合、死に至る場合があります。
こうした生活習慣病を未然に防止するためには、病気の一歩手前の状態であるメタボを予防、あるいは、改善をすることが大切なのです。
メタボを改善すると、動脈硬化の発生や進行を防止する効果があります。このため、食生活の改善や運動不足の改善によって、高血糖、高血圧、脂質異常症を予防することが、メタボ改善の基本的な目標となるのです。
さらに、禁煙も必須事項です。喫煙は動脈硬化の危険因子であることが証明されていますし、喫煙によって、血中の中性脂肪や悪玉コレステロール量が上昇することも指摘されております。



サイクルツイスタースリム


 

サイトマップ