リンパ浮腫の予防

リンパ浮腫の予防

脱毛方法は脱毛したい部位や、毛質、毛の量によっても異なってきます。どの脱毛法をとっても、自分の肌に合うものを選ぶことが大前提となります。
皮膚を指でつまんでも、リンパ液が溜まってくるとしわが寄りにくくなり、腕時計、下着、靴下のゴムの跡が残りやすくなったりします。このため、日頃から、むくみの早期発見を心掛けましょう。
リンパ浮腫の発症や悪化のきっかけとなりやすい炎症を予防するために、スキンケアを行いましょう。
皮膚の清潔を保つためには、せっけんやボディーソープは肌に合うものを使用し、よく泡立てて皮膚を優しく洗いましょう。下着も小まめに取り換えましょう。皮膚病は早めに治しておくことも大切です。
皮膚が乾燥すると、皮膚の保護機能が低下して細菌感染を起こしやすくなるので、手の荒れや肌荒れ、サカムケやひび割れに注意し、出来れば、保湿剤を使って潤いのある状態にしておきましょう。
皮膚を傷つけないためには、擦り傷、切り傷、虫刺され、ペットによる引っかき傷などに注意しましょう。また、過度の日焼けは、軽いやけどを引き起こします。直射日光を避けるなど、日焼け対策をしましょう。
日常生活においては、体重の増加に気を付け、標準体重を維持しましょう。バランスのよい食生活を心掛け、刺激の強いものやアルコールは適量にしましょう。
ホットカーペットやサウナ、岩盤浴や長時間の入浴など、過度の温熱刺激には注意しましょう。また、就寝時に疲れやムクミを感じるときは、腕や脚を少し高くして休むことも大切です。



ドクターメドマー


 

サイトマップ