ホルミシス効果とは

ホルミシス効果とは

玉川温泉に行くと、癌などで苦しんでいる多くの人が岩盤の上にムシロなどを敷いて、長時間横たわって岩盤療法を行っているのを見かけます。これは、ホルミシス効果を期待して集まったものです。
毒物や放射線などは、一般的には人体に悪影響を及ぼすものとされていますが、極めて低濃度(低線量)であれば、逆に生命の活力を刺激し、良い影響をもたらすというもので、これを、ホルミシス効果と言います。
良く知られているものとしては、健康に良いと言われているラジウム温泉があります。
例えば、ラドンガスを呼吸によって肺から取り込み全身へ浸透させると、細胞の活性化、免疫力の向上、老化防止、美容や健康などの効果が得られます。これは、副作用もなく安全な療法として期待されています。
また、低線量の放射線にあたると、何兆個もの電子やイオンが作られると同時に、少量の活性酸素が発生します。この活性酸素は、細胞から各種酵素やホルモンなどを作り出して、免疫の活性反応を進行させます。
このように、ホルミシス効果によって、病気の改善だけでなく、体内の酸化が還元されて潜在生命力を刺激し、新陳代謝、若返り、健康維持といった元気な身体を作り出してくれるのです。
そして、身体の中に眠っている自然治癒力を高め、病気や老化の原因を抑え免疫力を高めます。
この結果、寿命延命、老化防止、免疫力の増加、癌予防、美肌対策などさまざまな効果が期待されるのです。



玉川岩盤浴スーパーマット


 

サイトマップ