プロポリスによるアトピー対策

プロポリスによるアトピー対策

プロポリスとは、ミツバチが外敵から身を守るために、植物を材料にして巣箱の隙間や内壁に塗り固めて作る粘土状物質のことです。
ミツバチは、これを巣の入り口に塗ることによって、巣の出入り口を狭くして敵の侵入を防ぐと共に、巣の補強や保温状態を一定に保っております。
このプロポリスには、殺菌効果があるため、有害物質から身を守ったり、巣の内部を無菌状態に保ったりすることができます。
このように、プロポリスには天然の抗菌作用があり、特に、皮膚疾患には効果がある成分でとして知られております。
アトピー性皮膚炎とは、免疫が過剰に反応したために起こるアレルギー疾患です。すなわち、本来、自分を守ってくれるはずの免疫細胞が自分の細胞を攻撃してしまうという、自己免疫疾患を起こすのですが、プロポリスには、それを抑制する免疫調整効果を持っております。
また、免疫力が低下した時には、これを強化してくれますので、にきび、水虫、高血圧、糖尿病などの生活習慣病にも効果を発揮してくれます。




 

サイトマップ