アンチエイジングとは

アンチエイジングとは

「アンチエイジング」とは、「アンチ」と「エイジング」という2つの言葉からできており、直訳すると、加齢あるいは老化に対抗・抵抗するという意味になります。
すなわち、アンチエイジングとは、加齢に伴う身体の機能的な衰え=老化を出来るだけ小さくすることです。もっと簡単に言えば、誰しも願う、「いつまでも若々しくありたい」という気持ちを実現するとでしょう。
中年期から高齢期に向かうにつれ、シミ、シワなどの皮膚の老化や骨粗鬆症、特に女性であれば更年期障害、老眼、難聴、歯の消失、あるいは認知症と言った老人特有の病気のリスクが高まります。
これら老化の要因として挙げられるのは、細胞機能の低下、免疫力の低下、ホルモンの減少、活性酸素の増加などが考えられます。
こうした老化現象を少しでも遅らせるために行われるのが、ホルモンや抗酸化作用、免疫調節作用を有する機能性食品による栄養補給、筋力や有酸素運動などの運動指導、意欲向上やストレス解放を目的とした精神療法、ホルモン補充といった薬物療法などが、アンチエイジングの手法として用いられております。




 

サイトマップ